相続税に係る税務調査

相続税に係る税務調査は、相続税の申告後、1年程経過してから行われるケースが多いです。これは、相続財産の調査やお金の流れを確認する作業に時間が掛かる為であり、特に相続人やその家族も調査対象となる事もあります。相続税の申告数は相続件数全体の5%にも満たない数ですが、他の相続の手続きと平行して申告する上、期限も長いわけではありませんので、意外と杜撰な申告が多い事が特徴です。国税庁の発表によれば、申告数の8割が何らかの問題点を指摘されている為、特に税務調査が多く行われています。

↑PAGE TOP