ビジネス上の部下に対するマナー

皆さんは現在どのようなビジネスに身を投じていらっしゃいますでしょうか。日頃仕事をしていると、様々な人々と交流する機会があると思いますが、ある程度勤め上げていると、自分に部下がつくようになります。その時、どのように接するようにすれば良いのでしょうか。部下と言うと、自分の思いのままに動くと思いがちですが、逆で、自分がしてほしいことを的確に伝え、動かすことを念頭におきましょう。そうしないと、賛同を得ることはなく、支持されなくなるでしょう。たとえ、自分の立場が上であっても、ビジネスにおける場では、マナーをもって付き合うことが大事です。

若い部下を成長させる上司

ビジネスにおいて組織やチーム内での上下関係は必ずあります。しかし上司の考え方、接し方は1年目や2年目など、社会経験の浅い若い部下にとっては非常に大きな影響を与えます。上司として特に注意してほしいのは、絶対に若い人間を萎縮させるような言動を行わない事です。入社2、3年程度の社会経験では失敗など当然です。怒るのではなく結果に至ったプロセスのどこが問題なのかを理解させる必要があります。常に相手が自分の意見や考えを言いやすい環境を作ってやる事が重要です。対等に言わせながら本人が納得、成長するような指導をおこなう事がビジネスにおける部下を成長させる上司と言えます。どんなに若い社員であれ同じ目的を持った同僚であるという敬意を絶対に持っておく必要があります。

↑PAGE TOP