ビジネスで部下指導を行うには

ビジネスマンの悩みとして、部下指導の方法がよくあがります。近年、パワハラという言葉が浸透しており、教育のつもりであっても叱責と捉えられ、それがパワハラと言われてしまうと大変です。パワハラという言葉によって責任を取らされては元も子もありません。効果的な指導を行うには、まず部下とのコミュニケーションが最重要です。ビジネスと関係ない雑談レベルの話を職場ですることができますか?これができていない人は、非常に危ういです。こういった雑談コミュニケーションが取れる関係性であれば、叱責したとしても、その裏にある気持ちを伝えやすいため、信頼性が高まります。これでこそ、効果的な教育となります。

コミュニケーションの重要性

皆さまには部下はいますでしょうか。中小企業か大企業かによっても求められるものが違って来ますが、単なる後輩ではなくて部下がいると言うことは、皆さまがそれなりの立場の職種に就いていると言うことが必須になります。またビジネスの場において人の面倒を見ると言うことは彼らが持つ客先に対して責任を持つことにもなるため、上司となる皆さまにはマネジメントスキルが求められるのです。もちろん最初から完璧に人のマネジメントができる人なんていないのですが、でもそれがビジネスの場において出世をして行くためには誰しもが通る道になりますので、良い上司になれるように常日頃から意識をしておきましょう。

↑PAGE TOP